ホーム > はじめに > 準備するもの

準備するもの

片付け・掃除を始める前に、あらかじめ下記の道具を準備しましょう。「あれがない」や「これが足りない」なんてことをしていたら、集中力が切れて途中で片付け作業を投げ出しかねません。はじめに用意しておきましょう。

清掃用具を揃えよう!

準備する掃除道具

■ゴミ袋(分別用に数種類)

ゴミ袋は各地域によって分別方法が違うと思いますので、自治体に聞くかマニュアルなどを参考にしてください。部屋から出るものは「燃えるごみ」「プラスチック」「ペットボトル」「缶類」のゴミ袋があれば十分かと思います。部屋の状況を見て袋の枚数をご用意ください。かさばるものでもないので、多めにあっていいと思います。

■紐とハサミ

紐とハサミは本や雑誌、新聞などを縛るために必要になります。とくに新聞を取っている方は毎日たまっていくものですから必要になると思います。

■マスク

掃除をしていない部屋は、自分が思っている以上にホコリがたまっています。片付けや掃除の最中に鼻や喉をやられてしまいますので、マスクは必需品です。とくにアレルギーがある方は準備をしたほうが得策です。

■雑巾・ウエス+バケツ

部屋の床や机などはこびりついた汚れがあったりします。コーヒーカップの円を描いたコーヒー跡が机に残ってたりしませんか?そういったよごれを落とすのに必要となります。使ったら捨てるぐらいの雑巾で結構です。洗って干して・・・なんてやってるとまた散らかる可能性もあるので。

■ダンボール(×3~4個くらい)とガムテープ

捨てるかどうか迷うモノを入れておくための箱です。後々使う機会がきっとあります。片付いていない汚部屋ならなおさらです。なるべくなら頑丈で大きさがそろったものを揃えたいところですが、有り余っているダンボールを使用するのも可能です。

身支度をする

■汚れてもいい動きやすい服装

私の場合はTシャツ・ジャージズボン・靴下を履いて片付けや掃除をしています。自分の部屋ですが、何が床に落ちているかわからないので靴下は必需品です。裸足だとなんかいろいろ足の裏にくっついてきて気持ちも悪いですから。
あと、汗をかきやすい人はタオルもあるといいと思います。溜め込んだモノを片付けているじっとりと汗が出てきます。首にかけておけば使う機会はあると思います。

■先に用事は済ませる

ごはんやトイレ、買出しなどなど・・・、片付けや掃除を始める前に済ませておけるものは済ませておきましょう。あれもやらなきゃ、これもやらなきゃと予定を残したままになるとどんどん片付けや掃除が手に付かなくなってしまいます。