ホーム > いいこといろいろ! > からだと心が健康に

からだと心が健康に

ほこりっぽくて、なんだか重い空気の汚部屋・・・。自分の安らぐ場所がない、休める場所がない。また、こんな部屋にしてしまった自分、この部屋で生活している自分に嫌気がさして、ふさぎこんでいたあの頃。
でも今はキレイな部屋の住人。汚部屋に住んでいたあの頃とは別人のように、健康で明るい自分に変わり始めているはずです。

きれいな部屋で心身ともに健康に

ハウスダストで年中鼻づまり

汚部屋の住民のなかには鼻炎に悩まされている方も少なくないかと思います。筆者も鼻炎でした。なぜならホコリが舞っているから。全く掃除をしていなかった代償です。歩くだけでホコリが舞うような始末です。
部屋が汚い状態は健康にもよくありません。くしゃみ・鼻づまりなどの鼻炎から始まり、いびき、風邪(とくに喉をやられる)、アレルギー性皮膚炎や喘息、結膜炎にだってなる可能性があります。よく「風邪は万病の元」といいますが、汚い部屋もまた万病の元といえそうです。
そんな汚部屋から脱出すると、見る見るうちに体調はよくなっていくのが分かりますよ。なぜなら、自分の鼻づまりがほとんどなくなってきたからです。常に片側の鼻が詰まった状態で暮らしていたのが、今では両側の開通している状態です。とても呼吸が楽になりました。
また鼻づまりが解消されたことにより、就寝中のいびきも解消され、さらに口をあけて寝ることが少なくなったので、乾燥時期に喉を痛めたり、風邪をひいたりすることが少なくなりました。どんどん正常な頃の自分を取り戻しています。

汚部屋では心も休まらない

汚部屋は見るたびに陰鬱な気分になり暗い気持ちに誘ってしまいます。「はぁ~」なんて深いため息をついた日には幸せだって逃げていっちゃっているかもしれません。
自分の部屋はからだと心を休める場所です。その自分の部屋でも心を休められる場所がなかったら、心が弱りきったり荒んでしまったりします。同居人いるのであれば、些細なことでイライラし、ケンカに発展なんてこともあるかもしれません。
部屋に寛げる空間があるということは精神衛生面においてとても大切なことです。シンプルに片付いた部屋は、心もスッキリとした気持ちとゆとりを与えてくれるはずです。